1/2

昭和初期の伝統家屋

宿屋白金家は、長野市戸隠伝統的建造物群保存地区にあります。

昭和11年(1936年)創建の宿が伝統的家屋として

復元されました。

旅籠の造りを残した純和風の宿です。

昔懐かしい日本の宿を感じてみませんか。

白金家の歴史

曾祖父 塚田宇一郎(ツカダウイチロウ)が昭和11年に創建。

 

地元の栗、欅を大黒柱、梁、土台等にふんだんに使い3年かけて建築。

戸隠で初めて、宿坊以外の旅館業として宿屋を始めました。

スキー客の宿泊の他、豊富な湧き水と天然ガスを利用し、湯屋も営み地元の方の銭湯として親しまれておりました。

1939年に第二次世界大戦が始まり宿は休業となり、戦後、曾祖父母が亡くなり、    2代目が民宿「塚田屋」として宿屋を再開。

昭和40年代から戸隠は「信州学生村」として県外から多くの大学受験生の夏の勉強場所として集客を開始。受け入れに適した施設にするため、大規模な改築をしました。

この改築により、創建当時の木建や雨戸、廊下の手すりは取り外され、天井や梁、出げたは合板やボード等で覆われ、当時の面影はなくなりました。
その後、3代目より民宿「八峯荘」として営業しておりましたが、平成10年代に施設の老朽化によりお客様の受け入れが困難になり、約10年以上休業の状態となりました。

平成29年度に戸隠の伝統的建造物群保存地区が国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定されたことにより、当家も築80年以上ということで、保存対象の建物に指定されました。

今では手に入れることが不可能に近い大木の栗や欅を使った建物を壊すことは勿体ないと思い、創建当時の建物に復元修理し、宿屋として再開し、曾祖父の築いてきたものを引き継いでいくことにいたしました。

平成28年度より工事を開始。伝統的建造物の復元の為、創建当時の姿に忠実に戻すことを前提とし、文化庁・長野県・市のご指導を頂き、古写真や残っていた現物を基に、1階部分の出げたや2階の廊下の手すり、雨戸と木建の復元工事を2年かけて実施し、平成30年12月に完成。創建当時の姿に戻りました。

お客様に家庭的な温かさを感じて頂きたいという思いで、創建当時の屋号「白金屋」の屋を家に変更「白金家」とし、平成31年1月1日より営業を再開いたしました。

貴重な材木を使った建物と、旅籠の風情をご堪能くださいませ。

白金家4代目女将 塚田真紀

© 2019 宿屋 白金家